ミックスローンがおすすめな人

ミックスローンはどんな人におすすめ?

おすすめイメージ

今回は、ミックスローンがどのような人にお勧めできるか、考えてみたいと思います。

 

ミックスローンでは、長期固定金利と短期固定金利タイプの組み合わせか、長期固定金利と変動金利タイプの組み合わせが一般的です。

 

これらをミックスさせることによって、短期固定金利や変動金利タイプのみを選択した場合より金利上昇のリスクを低減でき、長期固定金利のみを選択した場合に比べて、金利が上昇しないリスクや金利が下落するリスクを軽減することができます。

 

以前の住宅ローンでは、基本的な金利タイプは、長期固定、短期固定、変動金利の3種類しかなく、金利の動向によっては、月々のローン支払額が大きくなったり、他の金利タイプより多くの利息を支払わなければならかったりするケースも出てきます。

 

そういう意味では、どの金利タイプを最初に選ぶかは、博打的な要素があります。

 

最近の住宅ローンでは、いろいろなタイプがあり、ローン返済期間中に固定金利と変動金利をある程度自由に選択できる商品もあります。

 

このような商品では、現在のゼロ金利時代では変動金利を選択しておいて、金利が上昇しそうな局面では固定金利に乗り換えるという方法も考えられます。

 

金利に対してアクティブに応じようという方には、このような商品がお勧めできますが、一度ローンを組んでしまえば、あとの金利動向などあまり気にしないというパッシブタイプの方には、ミックスローンがお勧めできます。

 

一旦、ミックスローンを選択すれば、あとは何もしなくても、金利変動のリスクを分散できるというメリットがあります。

 

また、安定志向が強く、住宅ローン返済開始当初の支払い額が金利上昇によって高くなるのは嫌だけども、長期固定金利で最初から多くの金利を支払うのも嫌だという人にも、ミックスローンがお勧めです。

 

さらに、繰上げ返済を積極的に行っていきたいという方にもミックスローンはお勧めです。

 

住宅ローンを組む際に、未来の金利を正確に予想することはできません。従って、変動金利が有利か長期固定金利が有利かをその段階で知ることはできません。

 

しかし、住宅ローンを組んだ時点からは未来といえる繰上げ返済を行う時点では、その時の金利を正確に知ることができます。

 

繰上げ返済時点で変動金利が上昇して、当初組んだ長期固定金利より高くなっていれば、変動金利の方を繰上げ返済し、金利があまり上昇していなければ、長期固定金利の方を繰上げ返済すればいいというわけです。