ミックスローンよくある質問と答え

ミックスローンのQ&A

今回は、ミックスローンのQ&Aについてとりあげてみたいと思います。

 

35年ローンをミックスローンで借りる計画を考えています。長期固定金利は割高なので、10年固定金利と変動金利を組み合わせようかと考えていますが、35年長期固定金利と変動金利を組み合わせる場合と比べて、どっちが得でしょうか?

確かに、35年固定金利と10年固定金利では、銀行にもよりますが0.5〜1%程度金利が違いますので、金利の高い35年固定金利ではなく、10年固定金利にしたいと希望される方もおれらるかもしれません。

 

しかし、ミックスローンのそもそも目的を思い出してください。ミックスローンでは、金利変動のリスクをヘッジするころが最重要目的です。金利が下落したりゼロ金利状態が継続したりする場合には、変動金利型がリスクをヘッジしてくれます。一方、金利が上昇した場合はどうでしょう? 長期固定金利では、当初の安い金利のときに設定した金利から変動しませんが、10年固定金利型では、10年後に変動金利よりもさらに高い金利となってしまいます。

 

このため、短期の固定金利型では、金利上昇のリスクをヘッジすることはできません。10年固定金利の方に繰上げ返済を投入して、固定金利分を10年間で完済するというならば話は別ですが、そうでなければ、長期固定金利と変動金利を組み合わされることをお勧めします。

 

変動金利型で住宅ローンを組もうと思っていたところ、銀行からミックスローンを勧められました。これは、銀行が儲かるからなのでしょうか、それともミックスローンにするほうが本当に有利なのでしょうか?

現在のような超低金利時代では、変動金利型よりも長期固定金利型の方が高金利なので、固定金利を含むミックスローンにすれば、ローン返済開始当初の支払い額が多くなり、変動金利型一本のローンよりも銀行が儲かることは確かです。

 

しかし、金利が銀行の想定以上に上昇した場合には、超低金利時代の固定金利より変動金利のほうが高くなってしまう事態も十分あり得ますので、ミックスローンにしたからといって、一概に銀行が得をするというわけではありません。

 

ミックスローンを選択するかどうかは、金利の上昇や下落(もしくはゼロ金利状態が変わらない)という、正確には予測でいない未来のリスクをどのように考えるかという点に尽きると思います。最終的な支払い金額が最安値とはならなくても、金利変動のリスクをヘッジしたいと考えるならば、ミックスローンも重要な選択肢の一つになると思います。

 

ミックスローンでは、長期固定金利と変動金利をどのような割合で組むのがいいのでしょうか?

ミックスローンでは、2種類の金利タイプを組み合わせますが、最低金額(500万円程度と設定している金融機関が多いようです)以上であれば、金利タイプごとの借入れ金額をかなり自由に設定できるものが多いようです。どのような金利タイプをどの程度ミックスするかは、コストとリスクと考えるとわかりやすいかも知れません。

 

基本的に変動金利はその時点で固定金利より安い金利が設定されます。つまりコストが安いわけです。そのかわり、将来金利が上昇するかもしれないリスクを背負うことになります。長期固定金利の場合には、金利が変動するリスクはゼロです。そのかわりに高いコスト(金利)を支払うことになるわけです。

 

人によって、コストとリスクをどのように考えるかはことなりますので、どのような割合でミックスするのが最適という答えはありません。リスクをある程度背負ってもコストを抑えたい人は、変動金利を多めにして、リスクをなるべく抑えたい人は長期固定金利を多めに設定することをお勧めします。

 

ミックスローンでは、長期固定金利と変動金利を混ぜる方法と、固定金利と変動金利を自由に変更できるローンとでは、どちらのほうが有利でしょうか?

住宅ローンでは、大きく分けると固定金利と変動金利の2種類があります。ローン開始当初のみ一定期間固定金利となり、その後は固定金利か変動金利かを選べる商品や、SONY銀行のように固定金利と変動金利を自由に変更できるローンもあります。

 

住宅ローンを選ぶ際、よくいわれる方法として、「金利が低い現状では変動金利を選択しておいて、金利が上がれば固定金利に変更すればよい」というものがあります。確かに的を射ているようにも思いますが、実際はやや難しい面があります。それは、今後の金利の上昇をどのように言い当てればいいかがわからないということです。

 

例えば、実質ゼロ金利状態が解除されて、政策金利がやや上昇したとします。それに伴い住宅ローン金利も若干上がることになりますが、その後も金利が上昇するか、再びゼロ金利に戻るかは正確に予測のしようがありません。確認するためにもう少し金利が上がるのを待つというという方法もありますが、変動金利が上がった状況では、固定金利はかなり高くなっていますので、その段階で固定金利に乗り換えてもあまり意味がありません。その点、ミックスローンでは、将来の金利動向を予測する必要がない、という点で楽にリスクヘッジができます。